[E-18]
AI時代に製薬メーカーはどう変わる IoTデバイス(生体計測)を活用した製薬メーカーと医師・患者とのコミュニケーションの最適化
2017/04/21  13:45 ~ 14:15

トビー・テクノロジー
代表取締役社長
蜂巣 健一 氏

 
概要

どこを見ているか分かるアイトラッキング(視線計測)は、視線を可視化し、人の無意識を捉えることができます。
アイトラッキングは、行動プロセスの「注意、興味」を可視化し、「印象、記憶、理解」を捉えるインタビュー・アンケート、もしくは脳計測と組みあわせて分析することができます。
最近では、ベテランの技能を抽出・分析を行い、評価、伝承、トレーニングでの活用が注目を集めています。今後、IoT、ビッグデータ、AIという流れの中で、アイトラッキングはIoTデバイスの1つとしてますます重要な役割を担っていきます。
講演では、医師、患者、消費者とのコミュニケーションを最適化をはかるアイトラッキングの活用例をご紹介します。