[D-15]
暫定的・将来的なData Integrityへの対応を考える
2017/04/21  12:45 ~ 13:45

ラボコンサルテーション
代表取締役社長
島本 哲男 氏

大鵬薬品工業
情報システム部
GMP担当課長 (兼)
大塚ホールディングス
IT企画室
長島 毅 氏

日本ウォーターズ
マーケットディベロップメント
スーパーバイザー
平城 里香 氏

 
概要

規制当局が求めている”Data Integrity”への対応は、洋の東西を問わず業界全体の大きな課題となっている。紙媒体での証拠保全体制は立ち位置がまずます難しくなり、欧米ではLIMSやSDMSに代表される専用ツールの導入が増えてきている。その特徴や課題を提供側からの紹介や実際の導入事例で明確にすることで、将来的な方針策定や、Data Integrityの趣旨に沿った暫定対応における留意点などを考える場としたい。