[B-16]
ビッグデータ・スーパーコンピュータが拓く創薬の未来
2017/04/21  14:00 ~ 14:45

京都大学大学院
医学研究科
教授
奥野 恭史 氏

 
概要

スーパーコンピュータや人工知能など最近のIT技術の向上は著しく、実験科学、理論科学に次ぐサイエンスとして「シミュレーション科学」と「ビッグデータ科学」の重要性が急速に高まっている。本講演では、スパコン「京」での創薬計算の事例とともに、ビッグデータ・AI・シミュレーションを用いた創薬応用の可能性について紹介する。