[C-13]
ICTを活用した調剤薬局の新たな展望
2018/04/20  15:15 ~ 15:45

日本調剤
常務取締役 
三津原 庸介 氏

 
概要

「患者のための薬局ビジョン」において薬剤師がICTを活用して、一元的・継続的に薬学的な管理・指導を行うことが提唱されてから1年半が経過した。日本調剤は独自で電子お薬手帳「お薬手帳プラス」を開発し、ICTを活用した薬学管理を継続している。子会社の日本医薬総合研究所では、500店舗以上から日々収集される匿名化された処方せんデータを解析し、コンサルティング事業を展開している。これらの事業から得られた知見をご紹介し、今後の展開についてお伝えする。