[C-11]
PX(患者経験価値)の最新動向 ~海外病院及び日本のPX概況~
2018/04/19  14:00 ~ 14:45

スーペリア/日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会
代表取締役社長 
曽我 香織 氏

 
概要

PX(ペイシェント・エクスペリエンス:患者経験価値)は、患者満足度に替わり医療サービスの質を測る指標として主に欧米の病院で注目されています。近年、日本でもPX向上に取り組む医療者や病院や企業が出てきましたが、何をすればPXが高まるのかは模索段階と言えます。本講演では、米国・クリーブランドで開催されたPXサミット及び海外病院の視察で得た知見と、日本での今後の展開をお話しします。

プロフィール

大学卒業後、アクセンチュア株式会社にて人事業務改善のコンサルティング及びベンダーのマネジメントを担当。2010年より株式会社コーチ・エィにて医療・介護事業の営業マネジャー及びコーチを務めた後、株式会社スーペリア創業。PX(Patient eXperience;患者経験価値)研究会代表、社会医療研究所フェロー。

【実績・メディア】
• 北里大学医学部 医療経営セミナー 講師
• 山梨県福祉保健部医療課 看護管理研修会 講師
• GSK医学教育事業助成 一般社団法人 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 多職種連携を実践する人材育成モデル構築事業「チーム医療実践リーダー育成研修」受託(2017年~現在)
• 最新医療経営Phase3連載「PSからPXへ〜患者中心の医療を具現化する〜」
• 日経デジタルヘルス「医療も顧客参加型へ ~ITで実現する患者経験価値(PX)~」連載
• 最新医療経営Phase3連載「現役コーチが聞く 若手リーダーのMY STORY」
最新医療経営Phase3連載「最新PX事情 患者満足から『患者経験価値』へ」 等多数