[A-7]
医療ICTの状況:海外事例を踏まえて ~「患者」「アクセス改善」という視点で考える~
2017/04/20  10:30 ~ 11:15

多摩大学
医療・介護ソリューション研究所
教授
真野 俊樹 氏

 
概要

医療界にも最先端のITを使った様々な動きがみられる。ウエアラブル、PHR、在宅医療でのIT活用、遠隔医療などテーマは多い。また、日本においては医療費の高騰も問題であるし、医師数も増加している(大学卒50名に1名が医師になる計算)
 医療IT先進国である米国、エストニアではどうなっているのであろうか。どちらの国でもキーワードは「患者」と「アクセスの改善」である。最後に、日本がこの分野においてガラパゴスになってしまうのか、あるいは先進国足りえるのか、皆様と共に考えてみたい。