[D-1]
AI ・ビッグデータを活かし、医療の課題解決目指す ―立命館大学と草津総合病院の共同プロジェクトー *3/13 講演タイトルが上記に変更になりましたが内容に変更はございません。
2018/04/18  10:30 ~ 11:00

社会医療法人誠光会 草津総合病院
糖尿病・内分泌内科 医員 
手塚 祐司 氏

立命館大学
先端ICTメディカル・ヘルスケア研究センター長
陳 延偉 氏

 
概要

本来、脂肪は脂肪組織内に中性脂肪として蓄えられているが、過栄養などにより通常状態では脂肪沈着をきたさない非脂肪組織に過剰蓄積し、異所性脂肪と呼ばれる。脂肪肝のみならず、脂肪筋、さらには心臓周囲脂肪など多くの異所性脂肪が独立して心血管病のリスクとなることが明らかとなっている。疾患や生活習慣病の予防に異所性脂肪の蓄積量を定量的に評価することが重要である。本研究では、立命館大学情報理工学部と草津総合病院との医工連携でコンピュータビジョンや人工知能などのIT技術を用いてCT画像から心外膜下脂肪をセグメンテーションし、その蓄積量を定量的に評価する。