[B-5]
医療分野におけるブロックチェーン活用の現状と可能性
2018/04/18  15:00 ~ 15:45

医療ブロックチェーン研究会会長
国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長
ITヘルスケア学会 代表理事 

水島 洋 氏 

[企画協力: ITヘルスケア学会]

 
概要

ビットコインなどで用いられているブロックチェーン技術は、活用事例こそまだ多くはないものの医療分野においても画期的な革命を起こす可能性を秘めているとして、昨年から海外で大きく話題になっている。国際標準化の動きもはじまり、国内における検討もはじまっている。本講演ではエストニアの電子政府における活用事例や、このほど日本で発足した「医療ブロックチェーン研究会」の活動について紹介する。

プロフィール

1960年、東京都生まれ。1983年、東京大学薬学部卒。1988年、東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻博士課程修了、薬学博士。国立がんセンター研究所 がん予防・検診研究センター 情報研究部 情報システム研究室長、東京医科歯科大学 疾患生命科学研究部 オミックス医療情報学講座 教授などを経て、現在、国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長。ITヘルスケア学会 代表理事など兼務。このほど医療情報ブロックチェーン研究会を発足し会長に就任。