[K-1]
ヘルスケア産業のデジタル経営革命 ~日本のヘルスケアビジネスへの提言と処方箋~
2018/04/18  9:00 ~ 10:00

アクセンチュア
製造・流通本部
アジア・パシフィック 医薬品・医療機器産業グループ総括、
マネジング・ディレクター
永田 満 氏

 
概要

さまざまなデジタル技術が、ヘルスケア産業における変革のスピードを加速させている。医療によるデジタル技術の本質は、IoTをはじめとしたさまざまな技術の発達により、これまで分断されていた、患者と医療機関、製薬企業、医療機器メーカーがシームレスにつながることにある。患者への価値提供やアウトカムを実現するには、自社の製品を売るだけでなく、製品以外の技術やサービスを組み合わせたソリューションが欠かせない。その為には様々な企業と提携し、従来の路線を離れ、独自のビジネスモデル、エコシステムを構築することが必須条件となる。

プロフィール

慶応義塾大学経済学部卒業。1992年現アクセンチュア入社。医薬品・医療機器産業業界を中心にIT戦略、マーケティング・営業・SCMなど幅広い領域で戦略策定から業務変革・システム化・アウトソーシングの導入までエンド・ツー・エンドでトランスフォーメーション改革を支援。2008年より現職。